痛いけど異常なし

心臓の付近に痛みがあり

病院で精密検査をしたけれど

まったく異常なし、といわれ

処方されたお薬で過していたお客様が

身体を楽にしてあげたい、ということで

おみえになりました。

ご家族との間で

共依存の関係があることを

ご自身でもわかっていながら、

自分が変わらなければ

この関係性は変化しないと

わかっていながら

やはり大きな決断を下すのは

並大抵のことではないのかもしれません。

 

 

自己主張すればすべてを否定される。

命の危険を感じることもあるけれど

自分ではどうすることもできない。

 (と思い込んでいるだけ)

これは

実は表に出ていないだけで

多くの家庭が抱えている関係性です。

 

 

親子の関係性にしろ

夫婦の関係性にしろ

「家」という要塞は

あなたを守ってくれているようでいて

もしかしたら

真逆の作用をしているかもしれず

歪んだ関係性をエスカレートさせている

可能性は否定できないでしょう。

 

 

家族という関係性の中で

いちばんついらいのは

やはり

愛されていないと感じる悲しみであり

わかりあえない、という虚しさ。

 

その思いは積み重なり

あなたの身体にも積み重なり硬直させ

痒みや痛みや痺れなどの

違和感を訴え始めるでしょう。

身体は防御態勢に入り

ますます硬直していきます。

痛いけれど異常なし、といわれたり

または

手術が必要な病になる可能性もあるかもしれません。

 

 

身体が硬直した状態は

さらに悪循環を招くため

ここで緩めることが

とても大切になってきます。

 

 

あなたが自己同一性を構築し

何を選択しても

後悔のない人生を描いていくという

本来の状態に戻るためのお手伝いが

アロマ音叉療法で

できるかもしれません。

 

 

OMという

地球の周波数に身を委ね

その波に揺られ漂うことで整う何かが

きっとあるでしょう。

 

 

当方では

うつ・DV・パニック障害・睡眠障害・摂食障害

自殺願望・自律神経の乱れなどのメンタル疾患

自死ご遺族のケア

肩凝り・腰痛・ひざ痛・脊椎側弯症・坐骨神経痛

リンパ浮腫

胃腸障害・ぜんそく・冷え性

疲れがとれない・頭痛・不眠

月経不順あるいは無月経等・

更年期における女性特有の不定愁訴などの

症状を抱える方の改善をみてきました。

 

 

 

身体が楽になってからこそできること。

 

痛いけれど異常なし、と言われたときから

できることがあります。

 

 

 

 

今日もご訪問してくださって

ありがとうございます。

 

 

 

感謝と祝福と光を込めて。